綺麗な髪を作るには?

ヘアカラーと髪のダメージ

髪を染める方法はいくつかありますが、一般的なのがブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアでしょう。

 

この順にダメージが弱くなっていくと考えるといいでしょう。

 

まずはこの3種類の違いについて知っておきましょう。

 

ブリーチというのは、脱色をすることで色を明るくするものなのです。

 

ヘアカラーは、脱色しながら染めるもので、ヘアマニキュアは脱色せずに表面にだけ色をつけるというものです。

 

脱色するものは、どうしてもダメージが強いので、ブリーチやヘアカラーを何度も繰り返すと、どんどんつやが無くなってしまいます。

 

ですが、髪の色自体を変えることが出来るので、色の効果は長持ちするでしょう。

 

何度も染めるのが面倒ではない人はヘアマニキュアをお勧めします。

 

しかしブリーチやヘアカラーを使おうと思っている人は、市販のものを使ったとしてもたまには美容室でしっかりとトリートメントしてもらったほうがいいでしょう。

 

つやがたくさんあった髪でも、一度ブリーチをするだけでパサパサになってしまう場合がある位ダメージは強いものだと理解しておきましょう。

 

あとは日頃のケアでどこまで回復させてあげることが出来るかが重要なのです。

 

面倒でもシャンプーのたびにシャワーキャップや蒸しタオルを巻いてトリートメントを使ったり、ブローをする際は丁寧に行ないましょう。

 

そうすれば、ブリーチ・ヘアカラーをする前の状態とまではいかなくとも、かなりつやを取り戻すことが出来るでしょう。

 

逆にブリーチやヘアカラーをしても何のケアもしないでいると、髪のツヤはどんどん失われ、一度切らないとどうしようもなくなってしまう場合もあるのです。

ヘアカラーと髪のダメージ関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ヘアカラーと髪のダメージ