綺麗な髪を作るには?

ヘアマニキュアと髪のダメージ

よく「髪を染めすぎるとツヤがなくなってしまう」と聞いたことありませんか。

 

では、おしゃれで染めたい人はどうすればいいのでしょうか。

 

その場合はヘアマニキュアを選んで染める事をお勧めします。

 

爪に塗るマニキュアと同じ考え方が出来るでしょう。

 

ネイルを塗った場合、爪自体を染めるわけではないので、爪にダメージはないでしょう。

 

ヘアマニキュアもこれと同じで、髪自体を染めるわけではなく、外側を色素でコーティングするだけなので、ダメージが少なくて済むのです。

 

ただ、このようなメリットだけではなくデメリットもあるので、ヘアカラーとどちらがいいか考えながらえらびましょう。

 

特に大きなデメリットは、色落ちするのが早いということでしょう。

 

ヘアカラーだと数カ月持ちますが、ヘアマニキュアの場合、一カ月に一度のペースで行わないと色が持たない人もたくさん居るようです。

 

いくらダメージが少ないといっても、回数を繰り返してしまえば、結局ヘアカラーを一度やっていたほうがトータルでのダメージが少なかったという場合もあるので、自分がどれくらいのペースで使うのかもしっかり考えておく必要があるでしょう。

 

最近は、つやを出す効果が高いトリートメント成分を配合したものが人気です。

 

髪を染めながらツヤも出せるので、なるべくダメージを与えたくないと思っている人は、サラサラにする成分が含まれているものを選択するといいでしょう。

 

ヘアマニキュアをすることで髪のつやを増すことが出来る商品もあるので、いくつか使ってみる事をお勧めします。

ヘアマニキュアと髪のダメージ関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ヘアマニキュアと髪のダメージ