綺麗な髪を作るには?

パーマと髪のダメージ

「パーマをかけると髪のツヤが無くなってしまう」という話をよく聞いたことはありませんか。

 

そもそもパーマというのは、髪の内側にある組織に働きかけるものなのです。

 

元々一つの形をしていた組織を切り離し、任意のウェーブやストレートといった形を作ってから再度切り離していたものを元通りにすることで、その形にキープするという技術なのです。

 

表面だけでなく、奥から働きかける技術であるため、ダメージは大きいでしょう。

 

特に、一本一本が細い人は、一度のパーマでかなり痛んだことを実感してしまうかもしれません。

 

パーマはかけたいけれどつやも維持したいと思っている人は、やはり毎日のケアを念入りに注意して行うしかないのです。

 

適当にやっていたトリートメントを念入りに行うだけでも状態は変わってくると思います。

 

それから、ワックスなどのスタイリング剤を使えば、パーマがとれかかっていてもしっかりセット出来たりするので、そういったものを積極的に使い、出来るだけパーマをかける頻度を減らしていきたいものです。

 

出来れば三カ月に一度程度にしたほうがいいでしょう。

 

髪のつややダメージが少ないことに拘る人が増えているため、出来るだけダメージの少ないパーマが研究され続けているので、これからの進化に期待したいですね。

 

それから、よくカラーリングと一緒にパーマをかける人がいますが、一度にWでダメージを与えることになってしまうため、髪のつやのことを考えるのであれば日数を置いて別の日に行う事をお勧めします。

パーマと髪のダメージ関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

パーマと髪のダメージ