綺麗な髪を作るには?

つやを失くしてしまうもの

ヘアマニキュアと髪のダメージ
よく「髪を染めすぎるとツヤがなくなってしまう」と聞いたことありませんか。では、おしゃれで染めたい人はどうすればいいのでしょうか。その場合はヘアマニキュアを選んで染める事をお勧めします。爪に塗るマニキュアと同じ考え方が出来るでしょう。ネイルを塗った場合、爪自体を染めるわけではないので、爪にダメージはないでしょう。ヘアマニキュアもこれと同じで、髪自体を染めるわけではなく、外側を色素でコーティングするだけなので、ダメージが少なくて済むのです。ただ、このようなメリットだけではなくデメリットもあるので、ヘ...
ヘアカラーと髪のダメージ
髪を染める方法はいくつかありますが、一般的なのがブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアでしょう。この順にダメージが弱くなっていくと考えるといいでしょう。まずはこの3種類の違いについて知っておきましょう。ブリーチというのは、脱色をすることで色を明るくするものなのです。ヘアカラーは、脱色しながら染めるもので、ヘアマニキュアは脱色せずに表面にだけ色をつけるというものです。脱色するものは、どうしてもダメージが強いので、ブリーチやヘアカラーを何度も繰り返すと、どんどんつやが無くなってしまいます。ですが、髪の...
パーマと髪のダメージ
「パーマをかけると髪のツヤが無くなってしまう」という話をよく聞いたことはありませんか。そもそもパーマというのは、髪の内側にある組織に働きかけるものなのです。元々一つの形をしていた組織を切り離し、任意のウェーブやストレートといった形を作ってから再度切り離していたものを元通りにすることで、その形にキープするという技術なのです。表面だけでなく、奥から働きかける技術であるため、ダメージは大きいでしょう。特に、一本一本が細い人は、一度のパーマでかなり痛んだことを実感してしまうかもしれません。パーマはかけた...
ヘアアイロンと髪のつや
ヘアアイロンは、髪を痛める大きな原因の一つです。特に毎日使っている人は、かなりのダメージを与えてしまっていることになるでしょう。毎日自分でヘアアイロンを使うくらいであれば、美容室などで定期的にパーマや縮毛矯正を行ったほうが随分ダメージを避けることが出来ます。つやを失わないためにも、出来るだけ短時間で使い終わるようにしたいですね。そのためにおすすめなのがブロッキングです。髪の量が多い人は、そのままヘアアイロンをかけてしまうと、何度も同じところに使うことになってしまうので、必ずブロッキングしたほうが...

髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

つやを失くしてしまうもの