綺麗な髪を作るには?

シャンプーの方法

シャンプーをするという事は、ただ髪を洗うだけの行動だと思っていませんか。

 

シャンプーが正しく出来ているかどうかで、髪のつやが大きく左右されてしまうと言っても過言ではないのです。

 

まずは先にブラッシングをして汚れをある程度落としてしまいます。

 

昔はシャンプーというものがなく、汚れを落とすのはブラッシングの役目だった程ブラッシングによる汚れ除去の効果は高いのです。

 

そして髪をしっかり濡らしましょう。

 

この作業も、しっかり行うことで頭皮や髪の汚れの大半を落とすことが可能です。

 

しっかり濡らしてあげることで汚れの半分以上は落ちるので、刺激が強いとされているシャンプーでも、少量でしっかり洗うことが可能です。

 

ただ濡れればいいのではなく、しっかり汚れを流すことを意識して1分以上行う事をお勧めします。

 

シャンプーを適量手に取ったら、まずは軽く泡立てます。

 

それから指の腹を使って頭皮をマッサージするように刺激を与えながらマッサージをしていきます。

 

爪を立てて洗うのは絶対に避けましょう。

 

頭皮は傷つきやすいのですが、傷ついた頭皮からはつやのない髪が生えてしまうのです。

 

中でも最も大切なのが、しっかり流すということなのです。

 

流しすぎかもと思うくらい流さないと成分が残ってしまい、これが匂いやフケの原因になってしまう場合もあるのです。

 

つやを出したくて毎日シャンプーしている人は多いですが、毎日やるとなるとこの「流し」が疎かになってしまう場合もあるようなので、2分以上を目安に行う事をお勧めします。

シャンプーの方法関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

シャンプーの方法