綺麗な髪を作るには?

ヘナで髪につやを出す

 

髪のつやは保ちたいけれど色も染めたいという人におすすめなのが「ヘナ」というものです。

 

現在は取り扱っているところも増えてきているため、見たことがある人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

粉状、またはそれを練って柔らかくしたものが販売されています。

 

ヘナとは、インドに生息している植物で、その葉から抽出した成分が色をつけるための染料として幅広く愛用されているのです。

 

髪にはケラチンという成分が含まれていますが、そのケラチンにヘナの成分が絡まることで色がついて見えるのですが、ヘナにはサラサラにするトリートメント効果もあります。

 

通常、ヘアカラーなどで染めた場合は念入りなトリートメントが必要なのですが、ヘナは染めると同時につやを手に入れることが出来るのです。

 

ただ、黒っぽい髪色だとなかなか色がつかず、軽く明るくなる程度だと思ったほうが良いでしょう。

 

また、染料の絡まり具合も強いものではないため、シャンプーの度に色落ちしてしまいます。

 

一週間ほどしか効果がないものも多いのですが、定期的に色を付けながらトリートメントしている感覚で行うといいでしょう。

 

染めた直後からつやが出たことを実感出来るはずです。

 

元々白髪染め用として販売されていたこともあり、白っぽい状態では染まりやすいでしょう。

 

真っ黒の状態からヘナだけで茶色っぽくしたりすることは出来ないのですが、ほんのり色づく程度だと覚えておいて、しっかり染めたい人は先にヘアカラーなどを利用してからつや出しにヘナを使う事をお勧めします。

ヘナで髪につやを出す関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ヘナで髪につやを出す