綺麗な髪を作るには?

洗い流さないトリートメントについて

髪のつやを出す為に、洗い流さないトリートメントと呼ばれるものを使用している人も多いのではないでしょうか。

 

これは、通常のトリートメントは数分つけたらしっかり流すタイプのものに対し、それを行わなくて良いということで、有効成分が多く残るので非常に良いもののように思えるでしょう。

 

しかし、中には「トリートメント=洗い流さなければならないもの」という意識が強く、なかなか手を出せない人もいるのではないでしょうか。

 

注意したいポイントもいくつかありますが、一番はつける場所です。

 

トリートメントは頭皮につけてはいけないということは多くの人が知っていると思いますが、洗い流さないタイプのものも同じなのです。

 

洗い流すものであれば、例え頭皮についたとしても流すことが可能ですが、それが出来ないのが洗い流さないタイプなのですね。

 

髪のつやを出したいがためにたくさんつけてしまう人もいますが、そうすると頭皮についてしまう可能性が高いので適量を守りましょう。

 

また、しっかりタオルドライしていない髪につけても頭皮にトリートメントがついてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

そもそも痛んでつやがなくなりがちなのは毛先周辺なので、頭皮ぎりぎりまでつけるというより、根元から10cm以上離してつけるようにするといいでしょう。

 

ミストタイプの他、オイルタイプやミルクタイプなど、様々な種類がありますが、中には匂いがきついものもある為、洗い流さないことを考えると匂いにも注意して選んだほうが良いでしょう。

 

髪のつやを出すためにも商品にかかれている使用頻度・量を守って使うことが重要なのです。

洗い流さないトリートメントについて関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

洗い流さないトリートメントについて