綺麗な髪を作るには?

紫外線と髪のつや

紫外線といえば日焼けを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。

 

肌への悪影響は知られていますが、つやを無くすことにも繋がるのはあまり知られていないかもしれません。

 

髪の中にも頭皮があるわけなので、頭皮が日焼けを起こすと、そこから生えてくる髪にも影響があります。

 

また、たくさんの紫外線を浴びると、キューティクルが開いてしまうのです。

 

そうするとちょっとした刺激で剥がれやすくなり、つやを無くす直接の原因になるので注意しておきましょう。

 

さらに髪の変色も招いてしまうのです。

 

日本人の黒髪は頭皮を紫外線から守ってくれる効果が高いのですが、近年は脱色をしたりして色を薄くしている人が非常に増えています。

 

ですが、昔から日傘やパラソルが当たり前だった国の人に比べ、日本人で日傘をさしている人はあまり見かけないものです。

 

これでは頭皮は日焼けし放題です。

 

肌に日焼け止めを塗るのと同じように、頭皮も紫外線対策をしてあげましょう。

 

ヘアクリームなどを塗るだけでも大きな効果があります。

 

やはり一番は頭皮に紫外線をあてないことで

 

 

はありますが、夏場などはそれがどうしても難しいので帽子を活用するといいでしょう。

 

ただ帽子は蒸れるため、皮脂の分泌を促してしまいます。

 

少しでも汗をかいたと思った日には、しっかりシャンプーでその日のうちに汚れを落としてあげる必要があるでしょう。

 

「帽子をかぶっていたから大丈夫」ではなく、帽子をかぶったからこそちゃんとシャンプーで汚れを落としてあげないとつやを失う原因になってしまいます。

紫外線と髪のつや関連エントリー


髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

紫外線と髪のつや