綺麗な髪を作るには?

髪の仕組み

白髪と髪のつや
白髪があると、つやがなく見えてしまうのは仕方がない事と言えるでしょう。年を取って出てきたのであれば別ですが、まだ若いのに妙に最近増えて…と悩んでいる人も居るのではないでしょうか。元々髪というのは白いものだということはご存知ですか。つまり、「白い髪の毛が生えてきた」のではなく、「黒くする力がなくなった」という言い方が正しいのです。老化が原因でない場合は、日々の生活を改善することで黒く戻すことが出来る場合も多い様でう。例えば、ストレスです。ストレスが溜まっていると、この黒くするための色素細胞がしっか...
ヘアサイクルについて
ヘアサイクルというものがあるのをご存知ですか。これは男性で抜け毛を気にしている人の方が知っていると思いますが、髪はずっと伸び続けているわけではなく、育っては止まり、抜けるということを繰り返しているのです。このサイクルは、成長期、退行期、休止期となり、最後に脱毛というものを繰り返しているのです。カラーリングやパーマなどを何度も繰り返し、つやをなくしてしまった人でも、ヘアサイクルのおかげで新しい髪が生えてくるので、気付いた時から適切なケアをすればサラサラの状態に戻すことが可能です。ですが一つだけ覚え...
キューティクルについて
髪には「キューティクル」というものが存在しますが、これがツヤを作るのに非常に大切な役割を持っているのです。髪の毛一本一本は、このキューティクルという表面層によって覆われているのです。キューティクルは魚のうろこのようなもので、それが重なり合うことで様々な汚れやほこりから芯を守っているのです。ところが、熱などにはとても弱いもので、簡単に剥がれてしまいます。つやを作ることは、キューティクルを守ることでもあるのです。では具体的にはどうすれば守ることが出来るかご存知でしょうか。まずは基本的な知識を持ってお...
頭皮と髪の関係
よく「髪を洗う」という表現をしますが、正しくは「頭皮を洗う」のです。そもそも髪についた汚れというのは水で洗い流すだけでも十分落ちるものなので、念入りなシャンプーが必要になってくるのは頭皮のほうなのです。そう考えると、ツヤについて考えることは頭皮について考えることでもあるのです。一般的に頭皮と髪は、よく畑に例えてその関係が紹介されます。畑に肥料がたっぷりで作物が育ちやすい環境を作らなければ、そこから立派な作物は生えてこないのです。これと同じ事がいえるでしょう。生えてきたとしてもツヤがなく、弱いもの...
髪を洗う頻度
髪を洗う頻度はどの程度でしょうか。朝と夜の二回洗うという人だったり、一日おき、二日おきに洗うという人もいますよね。どの頻度がつやを出すために一番最適なのか気になるところでしょう。これは、皮脂の分泌量が大きく関係しているのです。例えば、男性の場合は女性よりも皮脂の分泌量が多いので、毎日洗うのが正解だといわれています。しかしそれは若いうちだけで、60歳を過ぎたら皮脂の分泌量が減少するため、シャンプーの回数も比例して減らしていくべきでしょう。女性は男性より皮脂の量が少ないので、一日おきでも問題ないでし...
年齢と髪のつや
加齢に伴い、髪のつやはどんどん失われていってしまいます。特に40歳を過ぎると、20代には感じることがなかった足腰の痛みや疲れ等の、体の衰えを感じるようになる人が多くなりますが、頭皮も同様に、何のケアもしていなければどんどん衰えていってしまうのです。中には髪のつやを出すことよりも、薄毛をどうにかしなければならないという状態の人もいるでしょう。しかし、頭皮から生えている本数というのは、若いころとそんなに変わっていないものなのをご存知でしょうか。変わってしまうのは一本一本の太さで、毛が細くなることによ...
紫外線と髪のつや
紫外線といえば日焼けを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。肌への悪影響は知られていますが、つやを無くすことにも繋がるのはあまり知られていないかもしれません。髪の中にも頭皮があるわけなので、頭皮が日焼けを起こすと、そこから生えてくる髪にも影響があります。また、たくさんの紫外線を浴びると、キューティクルが開いてしまうのです。そうするとちょっとした刺激で剥がれやすくなり、つやを無くす直接の原因になるので注意しておきましょう。さらに髪の変色も招いてしまうのです。日本人の黒髪は頭皮を紫外線から...

髪のつやを出すための方法や注意点をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 つやのある綺麗な髪を保つ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

髪の仕組み